遠方への移動に活躍する

運転手

リーズナブルな価格も魅力

旅行や冠婚葬祭など遠方へ出かける場合、新幹線や特急列車を利用して向かうという方法も一つにありますが、夜行バスであれば便利さがあるとともに予算的にもリーズナブルに済むという点も魅力です。夜行バスにはさまざまな種類があり、距離によってだいたいの費用が決まってきます。さらに、どのような設備が整ったバスを利用しているのかによっても価格に違いが出てきます。夜行バス専用として利用しているタイプになると、夜中にゆっくりと眠れるような設備が整っており、一般的な観光バスに比べてみると一人あたりのシートのスペースが広いことになります。足を下げた状態で長時間居続けることは、足のむくみや飛行機で発生しがちなエコノミー症候群にもなってしまいますが、シートには足を持ち上げることができるような台やリクライニング式のプレートが備わっていることも多いため、降車した時に足がだるく感じることも軽減できます。他にも、背もたれのシートが深く倒れるようになっているという仕様も多く、プライバシーを保護して眠れるように一人掛けのシートで横3列というのが一般的です。さらに快適性を求めて、一人一人がカーテンで仕切られていたり、横2列のシートで全員が窓側というタイプのバスもあります。一人あたりのスペースが広くなる仕様になるほど、乗車できる人数は少なくなるために予算の負担が大きくなりますが、日中に観光バスとしても利用しているバスを夜行バスにも代用しているとなると、一台に多人数が乗車できることにもなるので価格はさらにリーズナブルになってきます。