快適な宿泊設備

座席

ゆったり眠れるツール満載

夜行バスの車内は、狭くてシートも倒せず周りの人に気も使って、振動でろくに眠れないというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、ひと昔前とは違って、今の夜行バスの車内環境はかなり快適です。夜行バスで一番気になるのが周囲の人との距離ですが、最近の車体では隣のシートと離れている3列独立シートを採用するものがほとんどです。また、前後の座席の間隔も広くなっていますので、リクライニングがあっても気兼ねして倒せないという事もなくなっています。リクライニングの角度もかなり深くなっていますので、ゆっくり眠ることが出来ます。シートにはフットレストとレッグレストが付いているのが基本構成になっていますので、足への負担もありません。シートの周りはカーテンで囲う事が出来るタイプのものが増えているので、プライバシーの点でも安心ですし、一分の区画を女性専用にする配置を取っている夜行バスも多いです。車内設備に関しては、トイレはほぼ付いていますので、深夜に次のパーキングエリアを待って我慢するというような思いはしなくて済みます。アメニティについては、飲み物やおしぼり、ブランケットとスリッパが車内に常備されています。WIFIやコンセントも座席に付いています。テレビやラジオは音漏れの問題もあって現在の夜行バスでは付いていないものが多いですが、WIFIがあれば退屈する事もなく過ごせるでしょう。走行距離やグレードによっても若干の違いはありますが、夜行バスのおおよその車内サービスはこういったところです。